国務院弁公庁が電子電器業界管理制度改革の深化に関する意見を発表
2022-09-28
2022年9月23日、中華人民共和国国務院弁公庁は、「国弁発〔2022〕31号---電子電器業界管理制度改革の深化に関する国務院弁公庁意見」を発表しました。
電子電器製品許可制度調整の要点は次の通り要約されます:
一、強制認証制度(CCC)
リチウムイオン電池、電源アダプター/充電器を強制認証管理に取り入れます。データ端末、マルチメディア端末などの9種類の製品について、強制認証管理を実施しなくなります。
二、電気通信機器のネットワーク接続許可制度(MII)
衛星インターネット機器、機能仮想化機器をネットワーク接続許可管理に取り入れます。固定電話端末、FAX機など11種類の電気通信機器について、ネットワーク接続許可管理を実施しなくなります。
ネットワーク接続試用承認書の有効期間を1年から2年に延長します。
ネットワーク接続許可マーク電子化を実施し、紙のマークやレベルを徐々に置き換えます。
三、無線送信装置型番承認制度(SRRC)
一部の『無線送信装置型番承認証』の有効期間が2年未満の場合、2年以上に延長します。
MRTと公的機関のコミュニケーションにより、国弁発〔2022〕31号文書の具体的な実施細則は検討中であり、後で公布されます。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください:
メールアドレス:service@mrt-cert.com